暇人の一撃

「たびしたとこ」と「たべたとこ」のきろく

自己紹介

スポンサーリンク

自己紹介ページです。随時更新。

(最終更新日: 2017/10/29)

 

東京生まれ東京育ちの社会人1年目、きゃわなです。

 

安くて美味い店節約旅行の記事などを主に垂れ流しています。

 

 

 

自己紹介(忙しい人向け)

 

【HN】きゃわな(名字からつけました)

 

【性別】心身ともに男です。女性が好きです(変な意味でなく)。

 

【年齢】1995年生まれの22歳。よく30手前に見られます。

 

【出身】東京・江東区。現在も江東区の実家住み。ちなみに豊洲市場のある区です。

 

【経歴】千葉が誇る名門校(の隣の高校) → 一橋大学商学部 → 不動産会社の営業

 

【趣味】飲み歩き・銭湯・日帰り旅行・将棋  など

 

 

 

自己紹介(暇な人向け)

幼少期

 

1995年1月19日、阪神淡路大震災の2日後。

世間が騒然としている中、さらに世間を震撼させる出来事が起きたのです。

 

きゃわな少年、誕生です。

 

落ち葉を踏む音が怖い、篠崎公園(ごく普通の公園)の前を通ったのに連れて行ってもらえない、

茶碗蒸しの中の銀杏を床に落とす、などささいなことで泣いていたんだとか。

 

そんな自分ですが、後に泥ダンゴを投げあい、ドングリを焼いて食べ、

月に1回畑仕事を手伝うべく田舎まで電車で3時間かけて遠足に行く、

そんなワイルドな幼稚園に進みました。

 

なんとか乗り切って、無事に卒園。

ちなみに、今唯一自分に年賀状をくれるのが、ここの先生たちです。

 

小学校~高校

 

地元の公立小学校に進学、小4で中学受験を決意するも、結果はほぼ全滅。

第7志望中高一貫校に入学、中高ではほぼ帰宅部の6年間を過ごしました。

 

高校に進学したばかりの頃、何を血迷ったか、バドミントン部に入部。

しかし、中学時代運動をしてこなかった自分には基礎トレーニングがとてもキツかったのです。

 

腹筋、腕立てを毎日60回ずつ。極め付けは、4キロのランニング。

それらを終えて、やっとラケットを持って素振りの練習に入る。

 

このランニングのあまりのキツさに、前代未聞の事件を起こして退部。

その様子はこちらの記事にまとめています。

 

中学受験の失敗をバネに、帰宅部のエースとして、

全校で一番くらいの早さで高校を出て、毎日予備校通い。

結果、なんとか第一志望の大学に合格。

 

大学〜現在

 

大学に入ってやりたいこととして心に決めていたのが「サークル活動」でした。

 

雰囲気に惹かれたESS(英語部)と、ほぼ新品のラケットが家に眠っていたという理由だけで、

(バドミントンをあまりしない)バドミントンサークルに入部しました。

 

大学2年の頃、スイス人との交換ホームステイに参加したのですが、

なんとスイスで終電を逃して、ぼったくりタクシーに7000円払って真夜中に帰ってきました。

 

また、友達がいないので一人旅(国内)によく出ていました。

青春18きっぷ(新幹線や特急には乗れない)でJR最南端の駅まで行ったこともあります。

 

旅の様子はこちら

 

そして今では週6で働いており、天性の老け顔がさらに極まってきました。

そんな仕事の闇をTwitterで発信していますが、800近いアカウントに監視されています。

(自動翻訳: フォロワーさんありがとう)

 

 

 

ぜひ、読者登録をお願いします。