読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の一撃

暇人大学生の雑記。お得な旅とお店の話、その他もろもろ

18きっぷ九州旅行記 【1日目①】東京~観音寺

スポンサーリンク

こんにちは、きゃわな(@_Ba_Kw7)です。



今回は7月末、就活中に行ってきた九州旅行について書きました。



まずは1日目、大分県別府市に到着するまでの記録(前編)です。



(0日目の移動も含む)



【目次】

東京~小田原

18きっぷの貧乏旅行で、ローカル線を乗り継いでチンタラ移動しました。



なのに家の最寄りを出発したのは夜の10時



しかし、これこそが今回の遠出をスムーズに進めるための秘訣。



日付が変わるころ、無事に小田原駅に到着。



終電に近い時間帯ということで、人はまばら。



とはいえ、そこには自分と同じく「ある電車」を待ちわびている旅人の格好をした人もたくさん。



それこそが、



f:id:ydx119:20160807232928j:plain



ムーンライトながらです。



(電車の写真じゃなくてすみません)



なんとこれ、書かれているとおり、快速なので、18きっぷがあれば運賃は不要。



全車指定席のため、指定席券の520円さえあれば乗車可能!



行先は、岐阜県大垣駅(翌朝5:50着)。



東京駅から乗車可能なのですが、日付をまたいでしまい18きっぷを2日分消費することになるため、あらかじめ小田原には普通に行っておきました。



この小田原までの小旅行こそが、0日目の移動です。



(出発地~小田原のきっぷを買って、車内で18きっぷと一緒に見せれば、東京から乗っても1日分で大丈夫です)

小田原~大垣

車内はこんな感じ。



f:id:ydx119:20160807235357j:plain



高速バスみたいなもんですね。



トイレはもちろん、洗面台もあります。



隣は、残念ながら おばさまでした。



どこでも寝られる私は、おやつのピーナッツやチョコレートを食べながら(ながらだけに)、消灯しない車内でも爆睡。



とはいっても、静岡や愛知の駅でちょくちょく停車し、わずかながら人の移動もあるのでそのたびに起こされてました(笑)。



途中、名古屋近辺の駅では扉を開けずに30分ほど時間調整をしていました。



まあ、あんまり早くついても暇なので、ちょうどいいんじゃないですかね。



そんなこんなで、予定通り大垣駅に到着。



このあとは、18キッパーにとっては恒例の、



大垣ダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



関ケ原越えΣ(・ω・ノ)ノ!



米原ダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



が待っていました・・・。




大垣~明石

大垣駅についた一行(ひとりだけ)は、滋賀県米原駅へ向けて出発。



「ながら」に乗っていた人のほとんどが同じ電車に乗車。



6時前の電車とは思えないほど混雑するため、座れないこともしばしば。



そこで、18きっぷ旅行者は、大垣駅を舞台に椅子取りゲームを開始。



反対側のホームへダッシュする人々。



そんなに焦らなくてもいいじゃんか、とか思いながら悠々と乗車すると、運よく空席があったので着席。



そして、5:53に電車は出発。



2つ目の駅があの有名な「関ケ原」です。



下りる時間もないので「またか~」という感じで通過(3回目です)。



そして、30分ほどで米原駅に到着。



ここでも、空席を目指しダッシュする人々。



次の、新快速・姫路行きは大津、京都、大阪、神戸など西の都市圏を通るため、東京の電車の8割くらいの混雑が恒例。



通勤・通学の時間とピッタリ重なるのもその要因。



焦らずに行ったがまたまた運よく着席。



主な途中駅は他に、



・「ひこにゃん」や「彦根城」で有名な彦根駅



・"生きる廃墟"こと「ピエリ守山」で有名?な守山駅



・神戸市の中心地、レッドロックの発祥地三ノ宮駅



など、見所たくさん。



この電車に乗って姫路まで先に行ってもいいんですが、途中で1時間程度時間をつぶしても同じ電車に乗ることになると判明。



そこで、下りたことのなかった明石駅へ。



f:id:ydx119:20160808000952j:plain



(奥のほうの細長い建物が天文科学館。ここに標準時線の記念碑?があるそう)



駅から徒歩5分ほどの「喫茶・軽食 ヨシダ」へ。



下調べの結果、朝9時前から開いている明石焼の食べられるお店だったのでここに決めていました。



レトロな店構えがステキ。



f:id:ydx119:20160808001411j:plain



いびつな組み合わせにはなったが、どちらも期待を裏切らぬおいしさ。



まだ少し時間があったので、明石城へ。



f:id:ydx119:20160808001538j:plain



テンションが上がって、一人旅なのに決めポーズまでして自撮りをする、イタい男子大学生(21)。



体は老いてきたが若気の至りまくってるイタい男を乗せ、電車は明石を発車。



明石焼きを食べられたから、明石に来た証を刻めたな、なんつって。



滞在時間は50分ほどでした。


明石~観音寺

明石を出た一行(ひとり)は、おなじく兵庫県相生駅を経由して、岡山駅に到着。



と、簡単に書いてしまったこの移動は、約2時間。



特筆すべき点もなかったので省略(沿線の人ごめんなさい)。



そして、ここ岡山駅から先、どう進むかが最大のポイント。



「ながら」に乗って大垣に到着すると、大垣駅から西に向かう始発列車には乗れません。



すると、ローカル線だけでは大分県の中津が限界です(からあげが有名な都市です)。



こういう場合によく使われるのが、いわゆる「ワープ」というテクニック。



なんとかその日のうちに目的地にたどり着くために、新幹線(など)に乗車するというもの。



しかし、18きっぷで新幹線に乗るには、その区間の乗車券(運賃)と特急券が別途必要。



定番のワープ区間は、先ほどの「相生~岡山」です。



2060円の課金で、60分の道のりを17分ほどに短縮できるうえ、各駅停車では混雑するのでおすすめです。



でも、どうせそれくらい払うなら、もっと楽しいルートがいいな・・・と、探していたら、ありました。



フェリーです。



そのために、いったん道を逸れて四国に上陸しました。



そのために乗車した、瀬戸大橋線はとにかく絶景でした。



f:id:ydx119:20160808010148j:plain



(写真下手ですみません)



その名の通り、瀬戸大橋を渡って、香川県坂出駅に到着。



ここで、時刻は正午を過ぎたあたり。



10分ちょいの待ち時間の後、観音寺駅へ。



さすが日本最小の県なだけあって、県中央部の坂出市から最西端の観音寺市まではわずか45分の移動。



(この後、となりの大きな愛媛県で地獄を見ることに…)