暇人の一撃

「たびしたとこ」と「たべたとこ」のきろく

【秋葉原】人生最後の晩餐に食べたいラーメン店

スポンサーリンク

こんにちは、きゃわな(@_Ba_Kw7)です。



なんだか暗いタイトルですが、私は元気です。



今回は秋葉原の名店の紹介です。



ついでに人生観について謎に語っているので、お暇な方は読んでみてください。



【目次】

「紬麦」で人生最後の日を過ごそう

秋葉原にはたくさんのラーメン屋さんがあります。



やすべえ、麺屋武蔵グループのお店(名前忘れた)、くろ喜、粋な一生、風来居などなど(すべて行きました)。



その中でも個人的におすすめなのが、昭和通りを少し進んだ雑居ビルの地下にある「紬麦」です。



ここのラーメンは、個人的に「人生最後の日、あるいは、地球最後の日に食べたいラーメン」第1位です。



まず雰囲気



f:id:ydx119:20160912191937j:plain



秋葉原という繁華街の中で、場末感漂う雑居ビルの地下にあって、お客さんも心なしか人生最後のような顔をして食べている(失礼)。



そして


f:id:ydx119:20160912191810j:plain
らーめん 800円



優しい。忘れていた優しさに触れられます。



人生最後の日には優しさに触れたくなりそうだから、ここに来たくなります。



ここでなら孤独死できちゃう。



ぜひ、お試しあれ。



http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13120606/tabelog.com


(おまけ)孤独死しよう。

さて、本題はこっちです。



皆さん、終活していますか?



まあ、さすがに今から遺書を書いている方とか、自分が死んだ後のことを考えている人はなかなかいないと思います、あんまり考えたくないですもんね。



でも、どんな最期を迎えたいか、くらいは考えたことがある人は多いんじゃないでしょうか。



それで、皆さんの多くは、大切な人に見守られながら眠るように死にたい、という風に考えているはず。



ネイティブアメリカンのことわざに、こんな(感じの)ものがあります(うろ覚え)。



「生まれるときは、自分は泣いて、周りは笑っている

 死ぬときは、自分は笑って、周りは泣いている

 そんな人生を送りたい」












WHY NATIVE AMERICAN PEOPLE !?!?!?!?!?



いやいや、ステキだとは思いますよ



でも、そんなに大切な人だったら、泣いてほしくないな、悲しませたくないな、って思っちゃうわけです。



自分のことを思ってくれる人だったら、自分の死が近づいてきた時に不安になるだろうし、死んだ後もしばらくは立ち直れないんじゃないかな。



奥さん、家族、友人とか大切な人に、生命力がなくなっていく自分を見せたくない。



いつまでも、彼らの心の中の自分のイメージは、元気なままでありたい。



それがかなわないんだったら、いっそ忘れてもらいたい。



それか嫌われたい。



最低な奴だった、と思わせて自分のことなんか気にせずに生きてほしい。



なので、死が近づいて来たら、家族のもとから姿を消したいと本気で思っています。



「最低なあいつのことだから、どうせどっかでひっそりと好き勝手に生きてるんだろうな」って思わせて、誰にも気づかれることなく死にたいなって思います。



余命が迫ってくる前に、コツコツと内緒でお金を貯めて、一部は家族に渡す用に、残りは自家用船を買うお金にします。



そして、引き出しの奥かなんかに、感謝の手紙と一緒に札束を隠してそっと家を出ます。



それで、しばらく経ってから置き手紙を見つけてもらって、そこには「僕の人生は、最高に幸せでした」のひとことだけ書いてある、みたいな。



余命が残り1か月ほどになったら、買った船で、太平洋の真ん中に出て、ワインを片手に、レイバンのサングラスをしながら沈みゆく太陽を眺めて、クラシックを聴きながら心地よい酔いの中で眠るように息を引き取りたい。



死体を残すと迷惑がかかっちゃうから、死んだ後に海に落ちて、サメかなんかに食われたい(船はどうするんだって話だけど)。



夢見すぎかな???



おわり。